産後の悩みである体型崩れ!ダイエットで解決

産後の体型変化の悩みについて

産後は体型が崩れて太りやすくなる傾向があるのですが、原因としては出産時に骨盤が歪み、その歪みを放置したままになると代謝低下や姿勢が崩れていくものです。代謝が下がれば脂肪燃焼効率も低下して、同じような過ごし方をしていても代謝が高い人よりも脂肪蓄積に繋がります。骨盤が歪めば体全体の骨格にも関わってしまい、全体的に歪みが生じる事が発生し、これらの事から産後の体型変化に悩む方は多く、適切な対応を行うと悩み解決に繋がるでしょう。

産後ダイエットは妊婦の間にスタートが望ましい

産後ダイエットを行う事によって、産後に太ったり姿勢の崩れを改善する事が可能であり、まずは出産時に歪んだ骨盤矯正を行う事から始めると良いでしょう。骨盤を正しい位置に治す事によって痩せ体質に変える事が出来て、姿勢の崩れを改善させる事が可能です。妊婦の間からヨガ等で骨盤の柔軟性を高めておくと、産後の骨盤矯正をスムーズに行う事が可能であり、その時期からスタートさせる事が望ましいと言えます。いずれにしても産後に半年以上開けてからダイエットを行うと、骨盤の歪みを取る事が難しくなりますから、早期から始める事が有効です。

産後ダイエットを行う時期について

産後ダイエットを行う場合は出産後1か月から6か月辺りが勝負のポイントであり、この時期が痩せやすい時期と言えるでしょう。出産直後は母体の回復に力を注ぐ必要がありますからダイエットを考える必要はなく、1か月経過した辺りから段々と通常生活に戻していく事が望ましいです。この時期が適しているには理由があり、出産時や産後につくのは流動性脂肪というものであり、この脂肪は燃えやすくという特徴があります。ところが流動性脂肪は6か月程度経過すれば変化していき、脂肪が燃焼し難くなっていく事になりますから、適切なタイミングでのダイエットが有効です。

産後ダイエットの利点として、美しいプロポーションを取り戻すことができ、新陳代謝を活性化させるうえで大きな魅力があります。